ビッグデータ経済研究会

ビッグデータの利活用を経済学界、経済社会に広げる

「仮想通貨と経済・金融政策の将来」

今回のビッグデータ経済研究会は

早稲田大学の岩村充教授と

慶應義塾大学SFC上席所員の斎藤賢爾様に

「仮想通貨と経済・金融政策の将来」と題して

ご講演をいただく予定です。

 

※開催場所について※

”日経テレコンセミナールーム”

での開催となります。 

セミナー日程が、2018年3月20日(火)から3月28日(水)変更になりました。

 

 

 

                                           

◆タイムテーブル◆

 15:00 開場/受付開始

15:30 セミナー開始

17:00 セミナー終了

                                           

岩村教授はビットコインをはじめとする仮想通貨やブロックチェーン等のテクノロジーに関する豊富な知見を有されており、最近では仮想通貨関連のカンファレンスにも多くご登壇されています。

弊社取締役CSOの広瀬がプレゼンテーション資料やスピーチ原稿の英訳をお手伝いさせて頂いているご縁もあり、今回ナウキャストのセミナーでもご登壇頂ける運びとなりました。

 

また、慶応大学SFC研究所上席所員の斎藤賢爾様はBBc-1(https://beyond-blockchain.orgというブロックチェーンにおける新たな基盤ソフトウェアを開発・公開されています。

仮想通貨を応用した金融システムの変革を実現する上で重要となる、従来のブロックチェーン技術が持つ課題への長期的な解決策として開発されたビヨンド・ブロックチェーンー1についてご紹介いただきます。

 

岩村教授、斎藤賢爾様共に弊社上級会員の皆様との闊達な議論を楽しみにされております。デジタル時代の経済・金融システムのあり方を展望する上でも重要なテーマと考えられ、是非多くの皆様にご参加賜りたく存じます。

 

 

 

概要

:「仮想通貨と経済・金融政策の将来」
:2018.03.28
:日経テレコンセミナールーム
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-2-1 鎌倉河岸ビル6F
:お一人様 ¥30,000(税別) ※プラチナ会員様向けのサービスでございますが、それ以外の皆様におかれましても有料でご参加頂くことができます。

講師

岩村充氏 / 斎藤賢爾氏

早稲田大学教授 / 慶應義塾大学SFC研究所上席所員

タイムテーブル

開場